読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マカオの大富豪アニキの教え 〜失敗から学ぶ力〜

日本から旅立ち、マカオで出会った男性。彼は「起業の達人」であった・・・。

お前のそれ、スランプじゃないから。


毒を吐くビジネスコンサル

① 『お前のそれ、プラトーだからね』


最近、仕事の関係でたくさんの人に会う
その中で、仕事仲間がことごとく
凹んでいる姿を見て思うことがあるので


少し書いておく。



『うまくいかない』
『向いていない』


など、新しい仕事をすると、すぐにみんな言い訳を始める



最近、心底思うことが
『黙って働けよ』と。

 

 

 

多くの人がうまくいかないと
無意識のうちに


『自分に合わない』
『難しすぎる』


など、適当な言い訳を垂れる奴が多い

 

 

 

特に多いのが

40代後半から50代の人



言い訳バッカリしているおっさん、おばさん



どうでもいいけど、評論ばっかりしてなくて
さっさと体を動かせバカ。

 

 

 

口ばっかりで大した成果を出して大人の意見ほど
つまらない話はないって、いつもいつも思ってい



 

 

 

 

 

「カジノは人生の縮図だ!!」 マカオの大富豪兄貴に教わる人生論

越境会に参加したことで得られた

マカオ行きの航空券。

 

その時点ではまだ知らない

「彼の本当の正体」を・・・

 

チケットを手に入れたのちに

チケットを手配してくれた男性に会いに行く

 

その男性は普通のおじさん

けっこう気さくで、愛想がいい人

そんな印象でした

 

「僕、カジノツアーを当たりました」

「よろしくお願いします!」

 

「楽しみにしているよ!」

 

=================

 

挨拶は軽い感じで終わりました

 

そして

細かい行き方やらなんやらを

全てラインで教えてくれました

 

それが大富豪兄貴との出会いでした

 

ただ、この時点では彼が大富豪兄貴だとは

気づいていません・・・

 

==================

 

f:id:hoikutetsuya:20151206235753j:plain

 

ちなみにこちらはマカオの街並み

 

こんなぼろアパート。。。と

思って見ていましたが兄貴曰く

 

「実はここに住んでいる人みんな金持ち」

だそうです。

 

兄貴に聞いたところ「実はこの数年で不動産バブルが起こり

マカオの地価が3〜5倍に膨れ上がった」とのこと

 

外資系のカジノ会社のライセンスを許可したことがきっかけで

かなりの数の複合リゾート型カジノが参入したことが

きっかけだったとのこと。

 

ほとんどの人が働く必要がないと言われるほどの

資産家なのだそうです。しかし、働いていない人が

いないというのもマカオの特徴

 

兄貴曰く

「みんな考え方はしっかりしていて

働かないと自分が駄目になるから働きに出るだよ」

と教えてくれた

 

======================

 明日からは新潟でカジノセミナーがあります

兄貴が新潟に来てカジノセミナーをするのは

 

今回が4回目ですが、毎回毎回結構楽しんで

いただいているのは確かです。

 

カジノといえば「ギャンブル」というイメージが

あります。

 

たしかにお金を掛けて一攫千金というのが

大方のイメージだと思いますが

 

実際に兄貴から聞かせていただいたおもろい話があります

それは

 

「カジノは人生の縮図だ!」という話

カジノが人生の縮図?

 

どういう意味なのか聞いてみました

 

すると、「カジノは実際には二分の一の確率で

結構ゲームの内容自体が簡単。だからこそ

その人の性格のくせがでやすいのだ」そうです

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

僕も実際にゲームをして思いました

そして気づきました

本当に自分の性格が全部出ます

 

しかも、その全ては悪いところばかりです

 

・優柔不断

・人の目を気にする

・でも人の言うことを聞かない

・目的をはっきりと決めてから勝負にでない

・爪が甘い・・・

などなど

 

 

ほんの10分足らずで心がどんどん折れていきました汗

 

「俺ってなんでこんなに弱いの〜涙」と

本気で気持ちが折れてしまったのです

 

実際、あまりの向き合いっぷりに自分の性格と

自分の人生を振り返るのです

 

カジノは人生の縮図

本当にそうですね

 

普段はなんとなくて生きていたり

うまいこと自分に嘘をついて生きているのが

 

人間かもしれません

 

しかし、いざ単純なゲームの上では

一気に丸裸にされてしまいます

 

だからこそ、本気で自分を磨かなくてはいけない

自分を鍛えることができる物が

カジノなのかもしれません

 

 

 

マカオの大富豪アニキの教え その3 「旅行券が当たっちゃう!?」

f:id:hoikutetsuya:20151205172112j:plain

 

写真はマカオの空港のバス停です

このバス停からはベネチアンマカオや

コタイセントラル・ギャラクシーマカオ等

 

コタイ半島にあるホテルのバス(埋め立てられた土地で

複合型リゾートのホテルがたくさんある地域です)

が多く、非常に便利でした

 

ちなみに、僕が泊まったホテルはマカオ半島側のホテル。

僕が泊まったホテルにももちろんカジノはありましたが

 

正直そこまで大きなカジノではありませんでした

近くにはサンズホテル

 

(写真はこちら↓)

 

f:id:hoikutetsuya:20151205172940j:plain

 

こちらは非常に大きなカジノがあり

バスもタクシーもかなりの台数が出ていました。

 

ちなみに、僕はタクシーを使いましたが

 

マカオは小さいため、移動には

そこまでの大金は掛かりません

 

=======================

 

【とんでもない旅行券を当ててしまう】

越境会2周年大会での出来事。

 

夜の大宴会の時間は

ひたすらたくさんの人のところに行って

名刺交換をしたり、話を聞いたりして

過ごしました。

 

ちなみにそこで名刺を交換する人はみんな

代表取締役」と書いていある名刺ばかり。

僕とは住む世界が違うな〜

だって僕、公務員だし。と思いながら

名刺を見ていました。

 

どなたも気さくな人が多く

話をしていても非常に楽しい!

僕みたいな公務員でも分け隔てなく

普通に話をしてくれるし、仕事の方法やらも

 

丁寧に教えてくれる人が多くいました

なんて素敵な人たちばかりなんだ〜

と、嬉しい気持ちでいっぱい。

 

こんなにすごい人が日本にはいるのか

そう思えただけでなんだかとても

気持ちが晴れやかになりました

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

毎日仕事に追われる日々。

なんとなく仕事のやりがいも見出せない

ただ時間がだけが過ぎていく・・・

 

これが人生かな?と諦めかけていたときの

この越境会での繋がり。

(紹介をしてくれた谷口さんには本当に感謝)

 

 

最近まで自分が悩んでいた

職場での人間関係や

終わらないノルマ

そんな

仕事の問題が小さく感じるくらい

エネルギーのある人々のとの出会いが

そこにはありました。

 

「今日は本当にいい時間だった・・・」

 

そう思って、残り少しとなった時間を

過ごそうと思っていました。

 

しかし、事件はその後に起きました

=================

 

【ビンゴ大会】

 

宴会がひと段落した頃に

なにやらビンゴ大会が始まりました

 

そのビンゴ大会は

やたら景品が豪華です

 

例えばアゼルバイジャンやドバイへの航空券

棚田のオーナー一年券や、ウォシュレット

他にも海外ビジネス関係の方なら喉から手が出るほど

欲しいものが山のようにありました。

 

商品の数は総勢20!

その中からビンゴになると

一つだけもらう事ができる

 

「僕には当たらないだろうな〜」

 

そう思っていました

ちなみに隣にいたFさんは

ウォシュレットが欲しい!と言っていたら

見事に当てる事が出来ていました。。。

(これがまさに引き寄せ!)

 

さて、ビンゴはトントンと進んでいきます

 

最初はなかなか当たらない人も多くいたのですが

 

ポツポツとリーチが出始めていました。

冴えない僕はもちろんリーチなし。

 

仕方ないからほぼ諦めていました

 

ただ、内心はドバイの航空券が欲しかった・・・

世界1広いショッピングモール

ドバイモールで買い物したいもの。笑

 

などと心の奥底では考えていました。

それにしても当たらない。。。

 

周りにはリーチになる人が山のように・・・

これは欲しい景品なんてもらえるはずがない。

 

と、思っていた時に超ラッキー

いきなりリーチ!が

 

とはいえ僕の前には10人以上の方が。。。

 

どうせいいものは先にとられる!

と思っていたら次の数字

 

「35番!」

 

・・・あれ?

俺・・・

 

ビンゴじゃん!

そうなんです、僕、そこでビンゴが当たっちゃいました

やったー!!!!!!!!!!!

 

======================

 

前に通されると

そこにはたくさんの景品がありました

 

旅行券・ウオシュレット・本

僕は二つの景品で悩みました

 

それは「石田会長の本と棚田のオーナー券」笑

どうしよう・・・

 

どっちもいいな〜

せっかく当たったんだし、ちょっと

いいのが欲しい・・・

 

と思っていた時に

 

神様のように優しい言葉が掛けられます

その言葉をかけてくれたのは

 

越境会新潟支部のメンバーである

藤井さん・深見さん・はとこさん

(ちなみにこの時が初対面)

 

「てっちゃん!一番いいのを取って!」

そう言われた矢先に目に飛び込んだのが・・・

 

「マカオ旅行券」だったのです。

 

内容は

●飛行機

●一泊分の宿泊

●カジノアプリ(30万円相当)

●カジノセミナー二時間分

 

・・・すごっ

 

=================

 

これは取るしかないが

 

取る勇気がない・・・

だけどみんなが取れって言ってくれる・・・

 

そしてついに勇気を出して

 

「マカオ!」と言って震えながらいただきました

 

ただ、それは、人生を大きく変える

 

大きな一歩になるとは思ってもいませんでした

 

続く

===============

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マカオの大富豪アニキの教え  「越境って、新潟から出ることですか?」

f:id:hoikutetsuya:20151205003009j:plain

普通の人でも

ちょっと情けない人でも

 

小さな一歩を踏み出せば

世界の景色は変わってくる

 

そのことを教えてくれたのは

マカオに住む大富豪アニキ。

 

彼との出会いは秘密にしておきたかった

・起業のこと

・ビジネスのこと

・人生のこと

・お金のこと

 

自分だけの宝物にしておきたかったけど

それは実にもったいない。

今、一歩を踏み出せずに悩んでいる

そんなあなたが踏み出すために

 

彼から学んだ事を少しずつ伝えていきます

 

===============

 

前回の続き

 

普通の地方公務員である

 

27歳の「僕」。

特に取り柄もない普通の人

趣味は友だちとおしゃべりする事

平日は仕事が終わった後は

特に予定もなく、なんとなく生きている

たまに彼女とご飯に行くくらい

 

大きな変化がない退屈な人間です

仲間はいる。一緒に趣味のバスケをする仲間や

 

なんとなく楽しい時間を一緒に過ごす仲間

ただ、「なんのために仕事をするの?」

と、周りの友達に聞かれてうまく

答えられないような人間でした

 

普通の27歳である僕

ただ、少しだけみんなと違うところがあった

 

それはくじ運がいい。笑

 

====================

 

今年の夏

 

ひょんな事から越境会という

海外ビジネスをしている団体の

 

交流会に参加する事になる・・・

 

越境会に始めて参加した時の

感想は一言でいうと

 

「思っていたよりも面白いかも・・・」

というなんとも微妙なもの

 

最初に見たのは

なんと「コマ大会」

 

コマの勝負を見せ合うというシュールな内容

 

僕としては何が面白いのかもわからずに

なんとなく見て終わってしまっただけ笑

 

素敵な出会いもありましたが

そこまで大きなインパクトはありませんでした

 

その後会場を岩室温泉の富士屋に移し

大宴会と世界のパネルディスカッションを

 

行ったのですがそちらは非常に面白い話が

ありました!特にパネルディスカッションでは

 

世界の至るところでビジネスをしている方が

たくさん出てこられて非常に刺激をいただきました

 

アゼルバイジャンでは日本酒が

一杯2万円で売られていること

 

どこの国でも「差異」があれば

全てビジネスチャンスにつながる・・・など

 

僕が思っていた以上に濃い内容の話を聞くことが

できてご満悦でした笑

 

しかし、ここまで参加して一つだけ思っていた

大きな問題がありました

 

それは

「俺にはこの世界は関係ないな~」

 

というもの・・・

 

だって僕は普通の地方公務員

 

だから、香港で日本のスイーツが

めっちゃ人気なこと

 

インド人が日本の学生のために

プログラミングの学校をしていること

 

面白そうだけど

自分とは無関係に近い内容

 

だと思って聞いていました。

だから、「ただの宇宙旅行

 

くらいの気持ちで日々いきていたのでした

 

たまたま新潟のメンバーがいたので

そのメンバーと仲良くなれればいいな~

 

と思って過ごしていましたが・・・

 

事件は140人が参加する

 

越境会大宴会で起こるのでした・・・

 

マカオ旅行記。男性保育士、海外へ行くの巻 「マカオツアーが当たる・・・」

f:id:hoikutetsuya:20150925000620j:plain

改めて思う
 
『チャンスはすぐ目の前にある』
 
======================
 
あれは僕の誕生日の2週間前
 
今から4カ月前のことだ。
 
僕は1日2万円という、僕にとっては
大金を払ってある
異業種交流会に参加した
 
それは『越境会』という
 
海外ビジネスをする方が集まった
団体である。
 
その会は全国で1000人程の会員がおり
世界を視野に入れてビジネスを行う方が多く参加していると聞いていた。
 
僕をこの会に紹介してくれたのは谷口さんというバスケ仲間。
 
背が高い面白いおじさんだと思っていたが、ある時から世界を股にかける
とんでもない起業家になっていた。
 
その方が『今度新潟でこんなのがあるよ』
と教えてくれたのだ
 
そして4カ月前の7月に新潟で越境会設立2周年大会が行われたのである
 
僕は初参加にも関わらず、2周年大会に参加したのだった…